演目紹介

「太鼓を叩き 踊りを踊る」

和太鼓ドンが日々取り組む太鼓と踊りの紹介です。

和太鼓ドンの演目には

多くの人々の思いが詰め込まれています。

太鼓や踊りが保存されている地元の人々の思い、

いままでのドンのメンバー達のこだわり、

様々な思いが積み重なって

今のメンバーに引き継がれています。

三宅

-みやけ-

三宅は、東京都の三宅島神着地区に伝わる「神着木遣太鼓」をもとに、

和太鼓ドンなりに舞台用のアレンジを加えた演目です。

一人一人の個性的な打ち姿で、どっしりと腰を低く構えた体勢から

単調ではあるものの力強いリズムを打ち込み続けます。


音と音の間。打ち手同士の呼吸。

それらが絶妙にあった瞬間に心に響く音が生まれます。

ドン荒馬

-ドンあらま-

ドン荒馬は青森県に伝わる荒馬踊りが

舞台用にアレンジされたものを、さらに和太鼓ドンなりに再構成した演目です。

   

扇を大きく使い元気に可愛く踊るハネトと

力強くかつ勇ましく、跳ねる馬がペアになって踊ります


思わず体を動かしてしまいたくなるような明るいお囃子の音色に乗って

踊り手たちが舞台上で飛び跳ね、駆け回ります。

八丈

-はちじょう-

八丈太鼓は東京の八丈島に伝わる伝統芸能です。

この演目は、一台の太鼓を両面から2人で叩きます。


八丈には「本ばたきで・しゃばたき」「ゆうきち」「樫立(トンコトンコ)」といった

3つのベースのリズムがあり、全く違った雰囲気を作ります。

八丈は、他の演目とは違い、決まったリズム・テンポ・フレーズはなく、

人それぞれのオリジナルのものを叩きます

-おに-

鬼は立命館大学モダンジャズバレエ部と共演した際に作られた、

和太鼓ドンのオリジナル演目です。長胴太鼓の力強く迫力ある音と、締太鼓の鋭く芯のある音が合わさることで

長胴太鼓の力強く迫力ある音と、締太鼓の鋭く芯のある音が合わさることで

疾走感のある鬼気迫る響きを作り出します。

「これぞ和太鼓」といえる音と振動でみる人を惹きこみます。

七頭舞

-ななずまい-

七頭舞は、岩手県に伝わる「中野七頭舞」をドンが舞台用にアレンジした演目です。

7種類の道具を用いて踊り手それぞれが個性を主張しつつ、

耳馴染みの良いお囃子を聞いて息を合わせ、視線を合わせ、

ひとつの踊りを作り上げます。

独特な衣装と道具、そして力強くも滑らかな動きは、

華やかさだけでなくどこか神聖な雰囲気も漂わせます。

ぶち合わせ太鼓

-ぶちあわせたいこ-

ぶちあわせ太鼓とは、神奈川県三浦半島の漁師さん達の間に伝わる伝統的な太鼓です。

その昔、豊漁を願い、地域の村々で1つになり、

どこの太鼓の音が大きいかを競いあったことから、別名ケンカ太鼓とも呼ばれています。


和太鼓ドンでは、さらに舞台向けにアレンジをしています。

1人ひとりが個性を見せつける場面、3人で1台の太鼓を代わる代わる叩く場面など、

どの瞬間も目が離せません。

締め太鼓と長胴太鼓が息を合わせ、

和太鼓ドンならではのぶち合わせ太鼓を作りだします。

秩父

-ちちぶ-

秩父は埼玉県秩父地方で行われる「秩父夜祭」にて叩かれる秩父屋台囃子を

和太鼓ドンがアレンジした演目です。


使われる太鼓は小さな太鼓の締太鼓、腹筋を使って叩く長胴太鼓、笛、鉦の4種類です。

「テレテッケ」という独特なベースにのせて

大人数で華やかに、祭りを楽しんでいるかのように、

熱く熱く演奏します。

大川平荒馬踊り

-おおかわだいあらまおどり-

大川平荒馬踊りは、青森県今別町大川平地区に伝わる踊りです。

馬役の男性と馬を扇で励ます役の女性がペアになって踊ります。


夏休みには、メンバーで実際に青森まで旅に出て、

大川平荒馬保存会のみなさんから直々に踊りやお囃子を教えてもらいつつ、

現地の祭りに毎年参加させていただいています。


この祭りには色々な団体からの参加者が多く、新たな出会いを広げることができます。

ねぶた祭りでも有名な「らっせーらー」の掛け声と身体中に響き渡るお囃子の音に、

自然と心が弾むような演目です。

inserted by FC2 system